menu

ヘアメイクアーティストになる方法と資格

学生がヘアメイクアーティストを目指すために知っておきたい事

学生がヘアメイクアーティストを目指すために知っておきたい事

あなたが学生であり、ヘアメイクの道へ進みたいのであれば下記のような事は意識しておいた方が目標がブレずに突き進むことが出来ます。

将来のビジョンを考える

中学校卒業後すぐに美容形の専門学校へ進学する方もいれば、とりあえず高校まで普通に進学しその後美容系の専門学校へ入学、もしくは美容系の大学に進学しその後ヘアメイクアシスタントとして業界に入る方もいます。

人によって進み方は色々ですが、重要なのはどのような経歴であるかではなく、将来どのような働き方をしていたいかという明確な目標があるかどうかです。

これを最初で明らかにしておかなければ、勉強の進め方が全く見えないし誤った方法で学習を進める可能性もあるのです。

必要な資格や能力を調べる

ヘアメイクアーティストには特別な資格は必要ありません。

ただし、ヘアデザインさえできればそれで良いということでもないのです。

ヘアカットやネイル、メイクやファッションアドバイスもできて当たり前ですから、ヘアメイク以外に自分がどんなヘアメイクアーティストになりたいかで取得するべき資格も変わってきます。

美容資格を取得する場合には最低でも1年から2年、指定されているスクールで学ぶこと等の条件設定がありますので、学校選びの際に重要なポイントとなります。

その他にも、メイクセラピーやパーソナルカラー、ネイリストやカラーコーディネーター、リンパマッサージ、などの資格を持っていると有利になる事もありますし、海外での活躍を希望する場合には語学力も必要でしょう。

どのような学校があるのかを調べる

将来のビジョンを確認し必要とされる資格が分かったらそこに到達するために、どんな方法で勉強を進めればいいのかを考える必要があります。
勉強の方法は大きく分けて3つありますが、最短で確実に技術と知識を習得できるのが美容系のスクールに通学することです。

ただ、現在非常に多くのスクールが存在しますので自分にあった学校を見つけるのは簡単ではありません。
進路決断に迫られた時ロスタイムを作らないためにも、今のうちからいくつかの学校をピックアップしておくといいでしょう。

各学校では、詳しいスクール情報をまとめた資料を無料で提供していますので気になる学校の資料を入手してください。

また学校に通うためには学費が必要です。

どのくらいの費用があれば、プロの知識と技術を身につけることができるのか等も早い段階で学校情報を入手することで、費用面の準備も着実に行うことができるでしょう。

具体的な目標と計画を立てる

情報とある程度の準備が整ったら、次は義務教育卒業後の進路と専門学校卒業後の将来について具体的な計画が必要です。

例えば、「高校卒業後、美容系の専門スクールに進学、2年コースを選択し専門学校在学中に美容師資格とカラーコーディネイトの資格を取得する。
卒業後は、アシスタントとして2年から3年の下積みを経験しその後ヘアメイクアーティストの事務所に在籍、そこからさらに5年から7年程度の経験を重ねその後独立やフリーとなる」などの計画を立てます。

将来の予定は、将来の目標となりますのでそれに向かって今度はひた走るだけです。

ヘアメイクアーティストの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • ヘアメイクアーティストの資格について知りたい!
  • とりあえずヘアメイクの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ヘアメイクアーティストへの第一歩を踏み出すためにやる事!


関連記事

Top