menu

ヘアメイクアーティストになる方法と資格

ヘアメイクの仕事は主婦でもできる?主婦でもなれる?

ヘアメイクの仕事は主婦でもできる主婦でもなれる

ヘアメイクアーティストは技術と知識さえあれば主婦でもなれます。

美容師と何かと比較されるヘアメイクアーティストですが、国家資格などが必要ないため多忙な日々を送っている主婦でも比較的なりやすい職業だと言われています。

ただ、主婦といってもその形は様々です。

結婚後育児や家事と両立しながら仕事を続けたいという方、子育てがひと段落したから仕事に復帰したいという方など色々な主婦の形があります。

そこで、現役の主婦がヘアメイクアーティストとして働くにはどのような方法があるのか?求人状況は?など自分の立場ならどのような働き方ができるのかをご紹介します。

仕事と家庭の両立を基本としたい方

ヘアメイクアーティストとして仕事と家庭を両立させている方も存在します。

その場合本業としてフルタイムで働くのではなく、派遣社員として各会社に登録し都合の良い時だけ集中的に働くといった形をとっている方が多いようです。

例えば、平日の週に1日から2日もしくは1週間の間にあるイベントのみ参加するなどライフスタイルに合わせて業務を行うことができます。

家事業と仕事を両立したい主婦にとって【ヘアメイクアーティスト】という仕事は良い選択肢の一つになります。

求人は主婦でもあるのか?

美容専門学校などを卒業し技術や知識を得たからといってすぐに活躍できるとも限りません。

ヘアメイクアーティストとして現場で活躍するには、まずアシスタントとしての経験が最低でも1年から2年必要です。

年齢が若ければアシスタントしての採用枠も多いですが、主婦で未経験という募集はそう多くはありません。
ですから早い段階で、どこかしらの職場でまずは経験を積むことが先決です。

ただアシスタント経験と即戦力が十分備われば、派遣もしくは契約パートなど色々な働き方で一定の収入を得ることができます。

主婦歓迎の職場もある

若い人のみを歓迎している雰囲気のある職種ですが、経験と技術力さえあれば主婦や既婚者でも歓迎してくれる職場もあります。

特に、ブライダル関係は子育て中のママや子育てを終えた年配の主婦がとても多いのが特徴的です。

主婦という同じ境遇に置かれているスタッフばかりなので、職場での上限関係も良好で一生のお仕事先として最適です。

お給料関係と待遇面

場合によっては拘束時間が長く残業が多いのもヘアメイクアーティストという職業の特徴の一つです。

予定通りに帰宅することができない事もありますので、子育て中の方はその点は覚悟しておく必要があります。

お給料についても働き先や仕事内容によって異なりますので一概にはいえませんが、効率よく働くにはフリーや派遣が働きやすく融通が利くと言えます。

ヘアメイクアーティストの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • ヘアメイクアーティストの資格について知りたい!
  • とりあえずヘアメイクの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ヘアメイクアーティストへの第一歩を踏み出すためにやる事!


関連記事

Top