ヘアメイク資格の取り方!ヘアメイクさんになるには?

ヘアメイクアーティストイメージ

「ヘアメイクの資格を取得したい!」
「テレビで芸能人を相手にしているヘアメイクさんに憧れる!」
「ヘアメイクを仕事にしたい!」
「ヘアメイクに興味があるけど、どうすればプロになれる?」
「ヘアメイクに資格は必要?資格の取り方は?」

そんな想いを持ち、ヘアメイクの仕事に興味があるという方向けに「資格の取り方」「資格の種類」「プロのヘアメイクさんになるまでの道」をご紹介します。

この記事を読んで頂ければ、ヘアメイクアーティストになるまでの概要が理解できます。

ヘアメイク資格の取得!メイクさんになる3つの方法

ヘアメイクアーティストになる道
ヘアメイク資格を取り、ヘアメイクアーティストになる主な方法として、次の3つがあります。

  1. ヘアメイクの専門学校
  2. ヘアメイクの通信講座
  3. 働きながら勉強

1、ヘアメイクの専門学校(スクール)で学びヘアメイクの資格を取る

ヘアメイク専門学校(スクール)または美容学校のヘアメイク科で勉強する方法です。

ヘアメイクアーティストになる為の勉強のみのコース、美容師国家資格も併せて取得する為のコース、ヘアメイクアーティストの資格を取得できるコース等、さまざまな選択肢があります。

2、ヘアメイクの通信講座を利用して学びヘアメイクの資格を取る

通信講座とは自宅に居ながらヘアメイクの勉強ができる方法です。

この方法なら通信講座の会社から教材(テキスト、DVDなど)が自宅に届く為、ガイドにしたがって自分のペースで学ぶ事ができます。

専門学校が近くにない場合、家事や育児で通学が難しい場合などに最適な方法です。

費用に関しても専門学校より安くて済むというメリットがあるので、比較的手軽にヘアメイクの知識と技術を身に付けられます。

また、通信講座の過程を終え、試験に合格することで、資格を取得できます。

3、サロンで見習いとして働きながら学びヘアメイクの資格を取る

ヘアメイクサロンや結婚式場などヘアメイクアーティストを必要とする職場で仕事をしながら知識・技術を習得する方法です。

この方法でヘアメイクの勉強をするには、資格や仕事経験がなくても採用してくれるヘアメイクの会社を探す必要があります。

そこで採用されれば、先輩から知識や技術を教わりながら勉強して一人前のプロを目指すという事になるわけです。

ただし、未経験の人を採用するのは稀ですので、やはり最初に資格を取っておくほうが有利です。

ヘアメイク資格取得の近道!講座・スクール探し3選

1.ヘアメイクスクール比較の決定版!【ビューティー資格ナビ】
全国の地域ごとに「通学」できるスクールの確認と、どこでも学べる「通信講座」のチェックが可能

2.日本全国のヘアメイクスクールの比較【BrushUP学び】
【ビューティー資格ナビ】と掲載されている「スクール」や「通信講座」に違いあり

3.専門学校学の検索・資料請求情報【なるには】
学生さんやフリーターにおすすめのヘアメイク専門学校

ヘアメイク資格の種類と関連資格

ヘアメイク関連の資格
ヘアメイクアーティスになるのに必須とされる資格は特にありませんが、持っていると有利になる資格や自分のスキルレベルを判断してもらうために必要な資格があります。

美容師免許

ヘアメイクアーティストにお薦めの資格として代表的なのは「美容師免許」です。

これは財団法人理容師美容師試験研修センターが主催しているもので、受験資格として高校卒業後、厚生労働大臣指定に美容師養成施設を卒業する必要があります。

その後国家資格に合格した後で、晴れて美容師免許を取得することができます。通学制の場合で2年、通信制で3年以上は必要です。

試験や実技と筆記となっており60点以上で合格となります。

美容師資格・免許の最短取得は〇年!最短で資格を取得するには?
美容師資格・免許の最短取得は〇年!最短で資格を取得するには?美容師資格を最短で取得するには?どうする? 資格取得までの期間と費用は? ヘアメイクアーティストになるのに特別必要な資格ありませ...

JMAメイクアップ技術検定

財団法人日本メイクアップ技術検定協会が実施している試験の「JMAメイクアップ技術検定」というのがあります。

国内外で活躍できるメイクアップアーティストの育成を目的として設置された試験で4級から1級までのレベルがあり、飛び級での試験はできず、4級から一つずつ受験する必要があります。

4級が筆記のみ、3級以上は筆記に加え実技試験も加わり、1級では接客マナーやカウンセリングスキルテストされます。

アシスタント・ブライダル・コーディネーター(ABC)検定

社団法人日本ブライダル事業振興協会が実施している検定の一つで、将来ブライダル関連の職場で働きたいという目標がある方にお薦めの資格です。

多様化しているブライダルに対応できる人材の育成が目的で設置されており、試験内容はマークシート方式の筆記試験のみで100問中70点以上で合格となります。

ネイリスト技能検定

一般財団法人日本ネイリスト検定試験センター実施の「ネイリスト技能検定」は、近年へアメイクアーティストに大変注目されている検定となります。

国際的にも通用するネイリストの育成が目的とされている試験で、3級から1級までの3段階で受験できます。

筆記試験と実技試験で、1級の技能検定を取得するとネイリストの中でもトップレベルの技術力として評価されます。
ちなみに3級の合格率は約88%、2級で約40%、1級は38%と大変厳しい合格率となっています。

着物着付師

ヘアメイクアーティストの専門スクールで学ぶとほとんどのコースに着物着付師の資格が取得できる講座が組み込まれています。

自分や他人の着付けができるだけでなく、上級の資格を取得することで着付け教室を開設できるまでの力をつけることができます。

ブライダル関連の就職を希望している場合には取得したほうが有利になるケースが多く、花嫁着付師としても幅広く活躍できます。

パーソナルカラー検定

一般財団法人日本パーソナルカラーリスト協会主催の検定で個々が持っているオリジナルのカラーを見つけ、それを最高の形で表現する色彩のプロとしてのスキルを高めることが出来ます。

色彩知識と配色のスキル、基礎知識が問われる試験で3級と2級が筆記のみ、1級では実技試験がプラスされます。

ヘアメイクの資格取得をスクールで学ぶメリットは?

プロ講師がいるスクールで学ぶメリット
専門学校やスクールを選ぶ際のポイントの一つに「プロ」の講師陣の存在があります。

在籍する講師陣が「プロ」と表記されているスクールで学ぶ場合には多くのメリットがあると言えます。

ヘアメイク業界とのつながりが出来る

ヘアメイクアーティストのように人とのつながりで仕事を続ける必要がある業界では、息の長い活躍をするために業界とのつながりはとても重要と考えます。

就職に関しても「できる人を探している」「どこかで求人は無いか?」など多くの場面で人と人のつながりが役に立ちます。

ただ、そのつながりを一から実力だけで作り上げていくことはとても難しく時間のかかることです。

その点、スクールで教壇に立つ講師が現場で活躍するプロとなれば、それだけで業界とのコネクションを作ることが出来るのです。

はじめの一歩をスクールに入学するだけで作ることができるのですから、それだけでも大きなメリットといえるのではないでしょうか。

即戦力となるヘアメイクのスキルが身につく

ヘアメイクアーティストは特別な資格は必要ありません。
そのためある程度の知識と技術を見につけさえすれば、誰でもヘアメイクアーティストになれます。

しかし、だからといってすぐに現場で働けるほど甘い業界ではありません。資格がないからこそ重要なのが即戦力です。

プロのいるスクールではどの程度のスキルが現場では求められているのかが、リアルに分かるため卒業と同時に即戦力となるスキルを身につけるカリキュラムがしっかりと組み込まれているのです。

業界の今を生きる人たちが授業を行うのですから、本来何十年と必要とされる技術習得期間を半年から1年、2年程度で凝縮することを可能としているのです。

プロのヘアメイクさんを意識できる

そしてプロのいるスクールで学ぶ事の最大のメリットは、本物の技術を肌で感じる事ができるという点です。

今も様々な現場の最前線で働いている方が講師を勤めるということは、旬な情報をいち早く取り入れ、本物のテクニックをリアルに体験できるのですから常にプロという世界を意識出来ます。

想像上のプロよりも本物のプロを意識することの方が、高いモチベーションで学習を進めることができるのではないでしょうか。

ヘアメイクの資格を取得するなら資料請求をすべき理由!

ヘアメイク無料資料請求を活用しよう
ヘアメイクアーティスト関連の資格や検定等に向けた勉強ができるスクールでは、無料で資料を配布しています。

各学校の窓口で直接受け取ることもできますし、ホームページのお申し込みフォームから郵送にて資料を取り寄せることもできます。

人によってはタダで配布している資料は、スクールの宣伝でしかないと思っている人も少なくありません。

確かに新規の生徒を呼び寄せるため手段の一つではありますが、これらの資料にはホームページ等からは得られないような学校内部の情報や美容関連の最新の情報等が詳しく書かれています。

また、実際に「どのような学習内容なのか?」や学校の雰囲気、通信講座の場合はDVDでの紹介などかなり詳しく内容が分かるようになっています。

何となく「どんな業界のか?」「私にも出来るのか?」など不安があるのであれば無料の資料で確認してみるのも良い方法です。

ヘアメイク資格のより詳しい情報が得られる

インターネットを活用することで、各学校の情報をある程度入手することは可能です。

しかし、ホームページだけで学校の情報を100%得られるということはありません。ホームページでは分かり易く多くの方にの目に触れるような作りになっています。

反対に資料請求で送られてくる内容は、もう少し深く踏み込んだものとなります。

きっとヘアメイクに憧れている人なら、胸が熱くなったり楽しくなったりする資料となるハズです。

卒業生の実績、足取りが分かる

各種資料には学校の現在の情報が記載されているばかりではなく、これまでの実績等も記載されています。

その実績はデータとして数字のみで記されているのは無く、卒業生の顔写真と現在どのような仕事をし活躍をしているのかリアルな体験談として紹介されています。

卒業生の現在の活躍ぶりが確認できれば、入学から卒業後の進路と成功を自分におきかえてイメージすることも出来ます。ご自身の高いモチベーションとなる事もあるかもしれません。

これまでの実績と卒業生の「今」を知ることは学校選びの重要なポイントとなりますので、入学を決める前に必ずチェックしておきたい項目の一つでもあります。

複数のスクールの比較ができる

気になる学校や講座がある場合、それらの情報を比較する必要が出てきます。

「この学校の特徴はなんだろう?」「この講座の良いところは?」など資料によって比べる事ができます。

また、一見同じような学校ならその雰囲気の違いや、学費、講師の違いなどの情報を比較することで、自分が行きたい学校や受講してみたい講座が見えてきます。

よりあなたの気持ちを高ぶらせるような情報があれば、その学校はあなたにピッタリな学校かもしれません。

とりあえず難しく考えずに、どんな物なのかを知るという意味でも無料の資料を貰ってみると良いかもしれません。

ヘアメイク資格取得の近道!講座・スクール探し3選

1.ヘアメイクスクール比較の決定版!【ビューティー資格ナビ】
全国の地域ごとに「通学」できるスクールの確認と、どこでも学べる「通信講座」のチェックが可能

2.日本全国のヘアメイクスクールの比較【BrushUP学び】
【ビューティー資格ナビ】と掲載されている「スクール」や「通信講座」に違いあり

3.専門学校学の検索・資料請求情報【なるには】
学生さんやフリーターにおすすめのヘアメイク専門学校

ヘアメイク資格を取得しプロのメイクさんになる準備

ヘアメイクの資格

ヘアメイクアーティストとは?

ヘアメイクアーティストは、テレビ・映画・演劇・ファッションショーなどの分野で俳優やモデル、タレントさん等のヘアスタイリングやメイクアップを担当する技術者です。

その他にも、結婚式などのイベントでのヘアメイクや、美容院などで美容師さんと一緒に仕事をしたり複数を兼務する方もいます。

美容師とヘアメイクアーティストの違い

美容師になるには美容師国家試験を受けて免許を取得する必要があります。

ヘアメイクアーティストには国家資格は必要なく、知識や技術があれば誰でも仕事をする事が可能です。

美容師資格を取得してヘアメイクアーティストの仕事をしている人もたくさんいる一方、美容師資格なしで仕事をしている人も少なくありません。

※ヘアメイクアーティストで美容師資格がない人でもヘアスタイリングやメイクはできますが、美容師のようにカットやカラーをする事はできません。

ただし、ヘアメイクのお仕事に就くには、ヘアメイクの資格があった方が有利なのは間違いありません。

ヘアメイクの資格を持っておくべき理由

ヘアメイクアーティストは美容師の国家資格がなくてもなれる職業ですが、実際仕事をする上で職場やお客さんの立場からしてみると資格があるに越したことはありません。

お客さんからにしてみれば技術だけではなく、基本的な知識も持っていない人に、「やってもらおう!」と思う事はほぼありません。

つまり、しっかりと基礎を学びヘアメイクの資格を取得しておくのが後々有利に働くことになります。

ヘアメイクアーティストの仕事

ヘアメイクの仕事
ヘアメイクアーティストの主な就職先はヘアメイクサロンやヘアメイク会社です。

サロンは店舗営業とヘアメイクアーティストの派遣を請け負う会社、ヘアメイク会社は派遣のみの会社というのが一般的です。

ヘアメイクアーティストとして芸能界で働きたい場合は、テレビや映画、ファッション関連の仕事を多く請け負っている会社に就職するといいでしょう。

ヘアメイクアーティストの自立は可能なの?

ヘアメイクで自立しているアーティストはたくさんいます。

自分で起業してサロンを開業したり、フリーの技術者としてヘアメイクの仕事の依頼を受ける等、自立の方法は人それぞれです。

自宅の一室をサロンに活用し、お客さまのヘアメイクをするという方法なら副業も可能です。

ヘアメイクアーティストに向いている人

ヘアメイクに向いている人

手先が器用な人

ヘアメイクは細かい作業が多い為、手先の器用さが要求されます。

時間に追われる事が多い仕事でもあり、手早く美しいヘアメイクができるのは重要なポイントです。

器用さに自信がなくても努力で補う事もできますので、必須の条件とはいえないものの器用であるに越した事はありません。

美的感性がある人

ヘアメイクアーティストは技術者であると同時に、美を創るアーティスト(芸術家)でもあります。

施術を受ける人をより美しく魅力的にする仕事であり、その為にはヘアメイクアーティストにも美的感性が求められます。

周囲と協調できる人

ヘアメイクの仕事はテレビ局や雑誌のスタッフ、カメラマン、スタイリスト、演出家等、たくさんの人との協力が不可欠です。

いくらヘアメイクアーティストだからといって、自分勝手に好みのヘアメイクをする事はできません。

依頼主のリクエストに応じながら、周囲のスタッフの意見を上手く取り入れてヘアメイクを進めていく必要があるのです。

こうした点からヘアメイクアーティストには周囲と協調できる人が向いているといわれています。

ヘアメイクの資格を取る為にも勉強しておきたい事

ヘアメイクのトレンドを知る

芸能界やファッション業界で活躍するヘアメイクアーティストは、常に現在のヘアメイクのトレンドを知っておく必要があります。

今、パリやミラノでどんなヘアメイクが流行しているのか、アメリカやアジア諸国ではどうなのか等々、世界の動向に目を光らせて流れを知っておく事が大切です。

ヘアメイクの歴史を学ぶ

現在のトレンドを知ると同時に、ヘアメイクの歴史を勉強してみる事も必要になります。

ヘアメイクの流行は繰り返されるといわれており、かつて流行したスタイルが復活する事も少なくないからです。

ヘアメイクの資格に興味があるあなたへ!

ここまで、ヘアメイクの資格、世界や仕事についていろいろと説明してきましたが、多くを言いすぎたために
「じゃあ、これからどうすれば良いの?」
「結局なにから始めるべき?」
「自分には向いていないかも・・・」
などと思ったかもしれません。

でも、大丈夫です。ここまで読んで頂いたあなたならこれからも問題なく進めます。

とりあえず、今やって頂くことは「講座を受講してもらう事です!」

なんて言いません。そんな必要はまだありません。

本当に【今やるべきは無料の資料を貰う】ただそれだけです。

無料の資料を貰って、自分に向いているかを確認してください。資料も1つではなく、3つぐらいを比べてみると更に自分がこの世界とどう関わりたいのかが見えてきます。

「資料を貰うのは今度でいいや」なんて考えないでください。

よく「〇〇は明日しよ~」と思っていたことが、明日になっても一週間経っても、一ヶ月経ってもやらないことありませんか?

そうならないように、今すぐ行動してください。今1分行動するだけで、それが明日につながります!

今すぐ【無料の資料を貰う】は↓から確認してください。

ヘアメイク資格取得の近道!講座・スクール探し3選

1.ヘアメイクスクール比較の決定版!【ビューティー資格ナビ】
全国の地域ごとに「通学」できるスクールの確認と、どこでも学べる「通信講座」のチェックが可能

2.日本全国のヘアメイクスクールの比較【BrushUP学び】
【ビューティー資格ナビ】と掲載されている「スクール」や「通信講座」に違いあり

3.専門学校学の検索・資料請求情報【なるには】
学生さんやフリーターにおすすめのヘアメイク専門学校

ヘアメイクの専門学校・講座は、学校・講座ごとの特徴やオプションがついています。

結論としては、あなたに合う専門学校・講座をあなた自身に見つけてもらうしかありません。

その為にもそれぞれの専門学校・講座のパンフレットを請求し比較することをおすすめします。


▼ヘア・メイク講座▼
ヘアメイク資格「ビューティー資格ナビ」

「ビューティー資格ナビ」が運営している、日本全国のヘアメイク資格一括請求サービスです。地域ごとに「通学」できるスクールの確認はもちろん、どこからでも学べる「通信講座」のチェックもできます。

  • ヘア・メイクの資格が気になる!
  • どの学校・講座にするかで迷っている!
  • 自分に合うヘア・メイクの学習コースを知りたい!
  • どんな流れで勉強し、資格取得するの?

など、気になることが一つでもあれば資料請求をしてみください。どんな学校なのか?どんなカリキュラムなのか?等も解決してくれます。

あなたにとって最適なスクールや講座を比較することが出来るので、複数のスクールや講座から資料を選ぶと良いでしょう。

もちろん資料請求は無料ですので、先ずはお気軽に資料を取り寄せてください。


「BrushUP学び」のヘアメイク資格をチェック!
ヘアメイクの資格請求

「BrushUP学び」が提供する日本全国のヘアメイク資格一括請求サービスです。
機能としては「ビューティー資格ナビ」と同じですが、掲載されている「スクール」や「通信講座」に違いがあり、一ヵ所の資料だけでは不安な方や「スクール」「通信講座」をいろいろ比較してみたい方はこちらもチェックしてみて下さい。



複数の学校に一括資料請求!【なるには進学サイト】
ペット関連の専門学校資料請求

【なるには進学サイト】では、ヘアメイクアーティストになる為の専門学校の資料請求が一括で行えるサイトです。
ヘアメイクアーティストの仕事に関わる技術をきちんと学びたい、学生さんやフリーターにおすすめです。
もちろん、通信制講座と比較したい方、多くの専門学校の情報を見てみたい方もチェックしてみて下さい。

ヘアメイクアーティストの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • ヘアメイクアーティストの資格について知りたい!
  • とりあえずヘアメイクの世界に触れてみたい!

そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。

ヘアメイクアーティストへの第一歩を踏み出すためにやる事!