menu

ヘアメイクアーティストになる方法と資格

ヘアメイクアーティストの年収の目安

年収の目安

同じヘアメイクアーティストという職業であっても活躍の場所や環境、経験年数などで年収が変わってきます。

1年目の収入の目安

プロ1年目の年収は、およそ200万前後です。
一般的にはヘアメイクの技術や知識を習得した後は大手美容系の企業、ヘアサロン、ヘアメイク事務所などに就職します。

ただ、はじめから現場で活躍できるのではなく、まずは先輩のアシスタントとして働くことになります。

道具持ちやスケジュールの管理、掃除に、車の運転などが最初の仕事となります。時にはヘアメイクアーティストとは全く無関係の仕事もさせられる可能性もゼロではありません。

この時期は収入が厳しくダブルワークを行っている方も少なくありませんが、この時期だからこそ学べることも多々ありますので根気強く乗り越える必要があります。

5年目の収入の目安

現場で5年くらいの経験を重ねる頃には自分を指名してくれるお客さんも増えてきます。
特に、サロン勤務の場合は指名が多ければその分評価も高くなりますので、店長を任せられたりと収入面はグッと高くなります。

3年目から5年目の年収の目安はおよそ350万前後となります。
この時期から独立やフリーを考える人も多くなります。

10年目の収入の目安

10年目になると年収は飛躍的に高くなり、およそ500万前後となる方が多くいます。

特にテレビや舞台、映画など有名芸能人やモデルのヘアメイクを専属で担当できるまで評価が高まるほど、年収は大幅にアップし中には1000万円以上という高額な年収を稼ぎ出している人も存在します。

知名度が高まれば、ヘアメイクアーティスト以外の仕事も増えその分劇的な収入の変化を見込むことができます。

ただし、そこまでキャリアップするにはヘアメイクの技術や知識だけでなく、幅広い人脈、接客、経営力など様々な能力が必要不可欠です。

企業やサロンに就職した場合

大手企業やサロンに就職する場合は一般的な社員の年収とほぼ同様と考えて良いでしょう。

勤務先によっては特別手当などが支給されるケースもありますので、若干高めの年収が期待できます。

平均すると200万から250万前後、経験を重ね任せられるポジションによっては500万以上の年収を得ることもできます。

撮影・舞台、テレビ業界に就職した場合

舞台や雑誌、テレビなどの撮影に関わる職場で働く場合は一般的に時給制です。

ただ、通常のアルバイトのような時給とは異なり高い所で1万円前後、経験や知名度、実績によって価格は変動します。

モデルなど撮影の時間が長引くことは当たり前ですが、この場合時給ではなくページ数、撮影枚数、本数によって価格が設定されるケースもあります。

ヘアメイクアーティストの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • ヘアメイクアーティストの資格について知りたい!
  • とりあえずヘアメイクの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ヘアメイクアーティストへの第一歩を踏み出すためにやる事!


関連記事

Top