menu

ヘアメイクアーティストになる方法と資格

手に職がつけられるヘアメイクアーティストの魅力

手に職がつけられるヘアメイクアーティストの魅力

不景気と呼ばれ、なかなか回復の兆しが見られない昨今、リストラや給料カットの恐怖それに加え増税などますます収入が厳しくなるこの時代で女性が男性と肩を並べて生き抜くためには、手に職をつけることはとても重要だと思いませんか?

また女性は結婚や妊娠と同時に一時的に職を離れる必要に迫られるなど常に仕事への不安はつきものです。

そんな女性が厳しい状況の中で、自分の力だけで収入を得るためには手に職をつけるということが考えとして強くなっています。

そんな手に職をつけられる仕事としてのヘアメイクアーティストの魅力とは何なのでしょうか。

結婚しても働ける技術

ヘアメイクアーティストを希望する女性が増えている理由の一つに「結婚後も働ける」という意見があります。

手に職を持つことができるヘアメイクは、再就職による不安もなく自分のペースで、しかも何歳からでも仕事を再開できる、いつまでも仕事が続けられるといったメリットがあります。

例えば、これまで続けていたOLという仕事を結婚と同時に退職する事もあります。

その後子供が授かり子育てのため数年間のブランクを作ってしまっては再就職をするころには、年齢的にも就職活動は厳しい状況となっているでしょう。

しかしヘアメイクアーティストのように手に職を持っていればサロンやブライダル関係、写真館など、自分のペースで働くことが可能となります。

それ以外にも自宅の一室をサロンにすることで、独立開業も夢ではありません。

自分の仕事を形にできる

「仕事で大きな達成感を得たい!」という方にとっては雑誌や舞台、ドラマや映画などで活躍するアーティストのヘアメイクを担当することで、その作品をいつまでも残すことができます。

作品にかける時間が長く、苦労は大きくてもそれが後世まで残すことは可能で、日本国内だけでなく世界中の方の目にとまり評価されることもできるのです。

「自分の技術を目に見える形で残したい!」「仕事をしているという充実感を得たい!」という方からも手に職が持てるヘアメイクアーティストはおすすめです。

幅広い資格や技術が身につく

手に職がつけられると人気のヘアメイクアーティストには特別な資格は必要ありません。
ただ、活躍の場を広げるためには色々な資格や技術を身につける必要があります。

例えば、美容師免許やネイリスト、メイクアップに、マッサージ、カラーコーディネーターなどなど今注目されるこれらの資格をすべて取得していることでより高いステージで活躍できるでしょう。

へアメイクアーティストを目指すだけでこれだけたくさんの資格や技術が身につくのであれば、女性とはいえ年齢問わず、不安なく仕事を続けることはできるのではないでしょうか。

また資格や対応できる技術が豊富であれば、その分高収入も期待できます。

ヘアメイクアーティストの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • ヘアメイクアーティストの資格について知りたい!
  • とりあえずヘアメイクの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ヘアメイクアーティストへの第一歩を踏み出すためにやる事!


関連記事

Top