menu

ヘアメイクアーティストになる方法と資格

ヘアメイクさんの就職先【働ける職場】

ヘアメイクさんの就職先

ヘアメイクアーティストとして活躍できるステージは幅広く、様々な環境で力を試すこともできます。
働く場所によって収入面はもちろん、要求されるスキルにも若干の違いが生じます。

あなたが将来働きたい環境を今のうちから意識しておくことで、将来的にはその職場で活躍する可能性も高くなります。

ヘアメイク事務所で働く

テレビやドラマ、映画に舞台、雑誌の撮影などの現場で活躍したい場合は、ヘアメイク事務所というところに所属することが一番の近道です。

ただ、入社1年目からプロとして活躍できるのではなく、先輩のアシスタントとして経験を積む必要があります。

電話対応、運転手、経理にスケジュール管理、その他もろもろの雑務を約1年から2年程度は厳しい下積みを続ける必要があります。

アシスタントをすることで、業界の様々なことが学べ、先輩から技術を習得することもできます。

次のステップとしては、モデルや役者のヘアメイクを任せられるようになるでしょう。

実力と知名度が高まれば、専属のヘアメイクとしての指名も増えフリーランスとして活躍することも期待できます。

ヘアメイク事務所の場合、仕事が入るたびに現場に向かい仕事をするというスタンスとなるため、撮影や舞台の準備が長引けば、その分残業や休日出勤が多く、不規則な生活習慣になることは覚悟したほうがいいでしょう。

また通常のヘアメイクにとどまらず、特殊メイクに携ることも稀ではありません。

サロン(美容室)トータルビューティサロンで働く

美容系の専門学校やスクール卒業生でもっとも多いのが、一般のサロンや写真館などのヘアメイク専門サロンです。

写真館の場合、お子様からお年寄りまで幅広い年齢層に対応し着物やドレスなどのファッションに応じたヘアアレンジスキルが必要となります。

毎日仕事があるというわけではないため、アルバイトやパートとしての勤務体制が多く、ダブルワークの必要性も出てきます。

子育て中の主婦やその他の仕事と両立したいという方には、最適な職場環境かもしれません。

ブライダルサロンで働く

近年人気が高まっているのが、ブライダルサロンでヘアメイクとして働くケースです。

一生に一度の特別な日に関われる喜びと、笑顔がたくさんの環境で働けるということでも注目されています。

ブライダルサロンへ勤務する場合は新郎新婦との顔合わせ、打ち合わせ、その他リハーサルや事前写真撮影などに関わる必要があり、ヘアメイク以外の業務も要求されます。

そのためブライダル関係の基礎知識やマナー、挙式から式の流れ、アテンド(世話役スタッフ)の仕事内容、ウエディングドレスの知識など様々なことを学ぶ必要があります。

独立フリーランスで働く

実力が確かなものとして成長してきたら、独立やフリーランスとして働く人も多くなります。

一定の場所で働くのではなく様々な場所で自分の能力を自分自身で売り込む必要があるため、ヘアメイクの技術だけでなく人脈、営業力、交渉能力、など経営者としての手腕も求められます。

成功すれば収入面は一気に跳ね上がり、ヘアメイクアーティスト以外のお仕事も増えることになるでしょう。

ヘアメイクアーティストの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • ヘアメイクアーティストの資格について知りたい!
  • とりあえずヘアメイクの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ヘアメイクアーティストへの第一歩を踏み出すためにやる事!


関連記事

Top