menu

ヘアメイクアーティストになる方法と資格

どのくらいの時間と費用があれば美容師資格取得は可能?

資格取得までの費用と時間

ヘアメイクアーティストになるに特別必要な資格やルールはありませんが、幅広く活躍するのに有利になる資格もあります。

国家資格でもある美容師免許取得にかかる期間や費用についてまとめています。

美容師免許取得試験に必要な条件とは

美容師免許を取得するためには国家試験を受験する必要があります。

誰でもその試験を受けることができるというわけではありません。

第一条件として高校を卒業していること、そして厚生労働大臣が指定する養成施設に入学・卒業することが条件となります。

美容師免許習得までの期間

美容師免許取得までに必要な期間でもっとも最短コースは約2年です。

例えば厚生労働大臣が指定している養成施設つまり専門スクールは昼間と夜間、そして通信コースが設置されており、もっとも短いコースが昼間の2年となります。

年2回のうち、もっとも早く実施される美容師国家試験の実技が2月、そして筆記が3月となりますので卒業見込み証明書の提出がスムーズにできれば卒業の年に晴れて美容師免許が取得できることになります。

ただし、最短で美容師免許が取得できる昼間2年コースの受講内容は極めてハードで集中的な学習が必要なため中途半端な考えでは、卒業は難しくなるでしょう。

美容師専門学校の受講料相場は?

次に養成施設、専門スクールに通学に必要な費用ですが、各スクールの受講内容などによって若干の違いはあります。

平均的な価格としては昼間2年コースで200万から250万前後、夜間2年コースで150万から190万前後、通信コース3年で60万から80万前後となっています。

ただし、この金額には美容師国家試験の受験費用は含まれていない場合がほとんどですから事前に確認する必要があります。

試験の費用は実技で1万3千円、筆記に1万1千円の計2万4千円必要で免許申請に別途1万5千円が必要となります。

美容師国家資格の合格率は?

国家試験となる美容師免許は毎年多くの方が受験しており、合格率は2月3月に実施される前期で約49%、8月と9月に実際される後期で80%以上となっています。

前期と後期の合格率の違いは前期に再受験や通信制の割合が多く、後期に昼間2年コースの受験生が多いからだといわれています。

この結果から考えると3年生の通信制は2年生の昼間に比べると通学費用はかなり抑えられるものの、その分かなりの努力が必要であることが理解できます。

ヘアメイクアーティストの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • ヘアメイクアーティストの資格について知りたい!
  • とりあえずヘアメイクの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ヘアメイクアーティストへの第一歩を踏み出すためにやる事!


関連記事

Top