menu

ヘアメイクアーティストになる方法と資格

ヘアメイクの仕事をこなすのに役に立つ技術

仕事をこなすのに役に立つ技術

ヘアメイクアーティストになるためにヘアメイクの事だけを知っていれば良いのかと言われれば、それだけでは上手く行か無い事もあります。

やはりサービス業の一種なので、お客さんと接したり等のコミュニケーション力が必要であったり、ヘアメイクに付随する仕事も多くこなさなければならないのが現状かもしれません。

メイクの技術も役に立ちます

ヘアメイクアーティストはヘアメイクやスタイリングだけでなく、メイクアップのスキルも重要と考えられています。

通常の専門学校ではヘアに関することは学べますが、それだけで満足していてはプロとして幅広く活躍することは難しいかもしれません。

メイクアップの技術向上を目指すためには各種検定を受検することが望ましく、日本メイクアップ技術検定協会が実施している検定試験などを目指す人も近年増加傾向にあります。

検定の内容は4級で筆記、それ以降は実技試験も加わり最高で1級まで取得可能です。

ヘアメイクとメイクを同時にやりたいというお客さんは多くいるはずですので、両方をこなせるのであればそれに越したことはありません。

流行をいち早く取り入れるセンス・表現力

常に進化し続けている美という環境で息の長い活躍をするためには、流行をいち早く取り入れる貪欲な精神と優れたセンス、そして独自のアレンジで表現できる能力も必要不可欠です。

これらのセンスを極めるためにはヘアメイクに限らず、アートの世界に幅広く関心を寄せ時代の最先端をいく美に敏感となり、感性を磨く努力をし続けなければいけません。

また、最先端の美だけでなく古い時代のアートとの融合も、場合によっては必要な要素となるため、様々な世代の流行にも目を向けられる柔軟性も必要です。

センスの良いヘアメイクさんであれば、多くのお客さんを顧客とすることも出来るのでそれだけ仕事が安定するとも言えます。

語学力

モデルや芸能人、舞台役者などを担当するヘアメイクアーティストを目標にしている方は、語学力が必要となる場面も出てきます。
特に海外での活躍を希望している方にとっては語学力は重要なスキルとなります。

ご自身がどのような現場や環境で活躍したいかで変わってきますが、将来的に飛躍する予定があるのであれば語学力も少し意識していた方が良いでしょう。

コミュニケーション能力

ヘアメイクアーティストに限らずお客さんと接する仕事に従事する場合は、コミュニケーション能力は重要な技術です。

話すことは苦手だから、テクニックさえ磨けばそれで十分だと思っているのであれば注意が必要です。

完成度の高いヘアメイクを行うためには相手が何を思い、どのようなヘアメイクを望んでいるのかを会話を通して読み取る必要があります。

また初対面の人に対しヘアメイクを行う場合には、相手の緊張をほぐしてあげることもヘアメイクに要求されるスキルの一つでもあるのです。

口下手をスキルでカバーしようと考えるのではなく、ヘアメイクアーティストを目指すのであればコミュニケーション能力を少しでも高める努力と姿勢もとても重要です。

ヘアメイクアーティストの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • ヘアメイクアーティストの資格について知りたい!
  • とりあえずヘアメイクの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ヘアメイクアーティストへの第一歩を踏み出すためにやる事!


関連記事

Top