menu

ヘアメイクアーティストになる方法と資格

プロのヘアメイクさんに向いている性格と適正

プロのヘアメイクさんに向いている性格と適正

プロのヘアメイクさんとして活躍するには技術や資格以外にも、その人本人の性格や適性が合うかどうかで将来が変わってきます。

感性の高い人

ヘアメイクアーティストに求められている能力や知識や技術だけではありません。
目覚しく進化する美容業界の情報や流行をいち早く取り入れるだけの感性が必要不可欠です。

なぜなら感性の高い人は相手が今何を望んでいるのかを誰よりも素早くキャッチしたり、心の変化に気づくことができるからです。

そして、相手の思っていることを想像しそれをヘアメイクという形にして表現できるのが感性の高い人の特徴です。

感性が高い人と低い人とでは、物の見え方が全く異なりますので美容に携わるものならば感性の高い人、もしくは感性を高めることに努力できる人が向いています。

柔軟性がある人

ヘアメイクアーティストに求められている技術は、教科書通りではいけません。

固定概念にとらわれない自由な発想ができなければ優れたヘアメイクアーティストになることは難しいでしょう。

自分の考えだけを押し付けるのではなくお客さんの意見に耳を傾け、何を求めて何に満足するのか考える柔軟な姿勢がなければ、将来の成長は難しいと言えます。

また、アーティストという言葉がついているのですから、どんな現場でも常に新しく奇抜なアディアを要求されます。

アイディアは常に新しいものとは限らず、時と場合によっては古きよき時代のデザインも必要となりますので、柔軟でかつ物事に対する処理能力のスピードも求められます。

協調性がある人

ヘアメイクアーティストは個人プレイではなく、カメラマン、舞台演出者、雑誌編集の方など他業種の方と一つの仕事を行う場合が多くなります。

そのためチームワークや協調性が必要不可欠です。

自分の意見を持ちつつ、相手の立場に立って物事を考えられる人でなければなりません。

色々なプロの方の意見が飛び交う現場で自分の意見ばかりを尊重し、それを頑なに推し進めようとするタイプの人はこの場合様々な壁にぶつかりチームとしての活躍が難しいかのしれません。

チームプレイとなることが多いヘアメイクアーティストの仕事は何より協調性も大切な要素の一つなのです。

他人の喜びを感じられる人

他人を綺麗にし幸せにすることが最終的な目的にあるヘアメイクアーティストは、当然ですが人の幸福を心から喜べる人でなければいけません。
相手が誰であろうと持っている力を存分に発揮し誰よりも一番の完成度の高さを目指す必要があります。

そのためには相手がどんなに嫌な人間であろうと、その人の喜びを一番に感じられる人であればヘアメイクアーティストとして活躍できるはずです。

ヘアメイクアーティストの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • ヘアメイクアーティストの資格について知りたい!
  • とりあえずヘアメイクの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ヘアメイクアーティストへの第一歩を踏み出すためにやる事!


関連記事

Top