menu

ヘアメイクアーティストになる方法と資格

ヘアメイクアーティストは副業でも出来る?

ヘアメイクアーティストは副業でも出来る

少しでも生活費の足しにしたいと副業を始める人もいるかと思います。

そんな中でヘアメイクアーティストを副業として行う事ができるのか?と気になる人もいるでしょう。

ヘアメイクさんとして活躍中の人で、本業にしている人もいれば、家事をこなしがら副業にしている人もいます。ですので、副業として始めても何ら問題はありません。

副業によって月に数万円から数十万の収入があれば、その分生活はグッと楽になることは明らかです。

副業としても活用できるヘアメイクアーティストの技術は、将来結婚して子育てというイベントを控えている女性にとっては取得しておいて損はないスキルの一つです。

次にヘアメイクの仕事を副業にした場合のメリットを解説します。

空いた土日をお金に変えられる

例えば、ブライダル関係の副業を選択する場合は土日の時間を有効活用できます。

通常結婚式というのは土日、もしくは祝日に行われます。

そのため本業が土日、祝日お休みの場合はただ何もせずダラダラと過ごすよりも、ヘアメイクとして働くことで月に数万から数十万円は稼ぐことができます。

空いた時間を無駄に過ごすか有効活用するかによっては、生活の質が全然違ってくるのではないでしょうか。

好きなことして収入が得られる

小遣い稼ぎができるとはいえ、せっかくの貴重なお休みの時間に仕事をするのですからせめて好きな仕事をしたいのものです。

嫌々仕事をしては精神的にも肉体的にも続けることは不可能です。

仕事とは本業だけでも心身ともに疲れるものなのに、それに加え嫌な仕事を副業にしては元も子もありません。

どうせ副業をするなら好きなことをするのが一番良い方法です。

好きな仕事ができ、かつ収入が得られるのであればそれに越したことはありませんよね。

リスクを分散できる

女性の場合、結婚や育児など将来的なビックイベントを控えています。
その時期になると長く努めていた職場を離れなければいけないこともあるでしょう。

それ以外にも不景気の昨今、いつ何時リストラの危機に直面するか誰にも分かりません。

男性の場合は何歳からでも仕事に就くことはできますが、女性の場合手に職がなければ次に仕事を見つけることはとても難しく、ましてや主婦業を長く続けていた女性が再就職しようとした場合その道は非常に険しいことは明らかです。

そんな危機的状況を回避できるのが、技術職でもあるヘアメイクアーティストです。
副業として続けられるため万が一本業がダメになっても路頭に迷うことなく、一生の職業として副業を本業にすることも可能です。

以上のように、この先ずっと収入を得なければいけないという方は本業で安心するのではなく、どんな状況に置かれてもすぐに次に進められるだけのスキルを今のうちに見につけておくのも、この厳しい社会で生き抜く術といえます。

ヘアメイクアーティストの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • ヘアメイクアーティストの資格について知りたい!
  • とりあえずヘアメイクの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ヘアメイクアーティストへの第一歩を踏み出すためにやる事!


関連記事

Top