menu

ヘアメイクアーティストになる方法と資格

ヘアメイクアーティストになるまでの基本的な道のり

ヘアメイクアーティストになるまでの道のり

ヘアメイクアーティストのプロとして働くには、決まった道のりや必要とされる資格はありません。

ですが、一般的にはヘアメイク専門のスクールへ通い、学んだ後ヘアメイクの資格を取るのが普通です。

ただ、現在のヘアメイクアーティストにはヘアメイクだけでなく【メイクアップ】【コーディネイト】などあらゆる分野での知識と技術、経験が要求されます。

一般的にヘアメイクのプロになるまでの道のりは次のようになります。

1、ヘアメイクに必要な専門知識と技術を身につける

まず必要なのがヘアメイクアーティストの基本的な知識と技術力です。

独学で学ぶこともできますが、最短かつ確実に習得するためにはヘアメイクアーティスト専門の学校へ通うのがベストです。

また、最近では「ヘアメイクアーティストとして活躍するには美容師免許を必須にしよう」といった動きもあるため、今後美容師免許の取得も視野に入れて学習を進めるといいでしょう。

ちなみに、美容師免許は厚生労働大臣が指定する養成施設で2年から3年以上の課程を修了し、その後国家資格に合格することで取得できます。

その他、有利になる資格は【メイクアップアーティストの資格】やテクニック【着付け】【ネイリスト検定】【ファッション色彩能力】【コミュニケーションスキル】などがあります。

各資格取得を視野にいれつつ、基礎知識や技術力を身につけるように努力する必要があります。


↓ヘアメイク資格をチェック!↓
ヘアメイク資格「ビューティー資格ナビ」

2、プロヘアメイクとして活躍する前の下積み

専門学校や独学、通信での教育を終えたからといってすぐにプロのヘアメイクとして活躍できるとは限りません。
通常、美容系専門学校を卒業後アシスタントとして2年程度の下積み経験が必要です。

プロのヘアメイクアーティストの【道具持ち】や【スケジュール管理】【片付けから掃除など】雑務といわれる業務を数年経験することで初めてプロとして活躍できるチャンスが与えられます。

卒業生の中にはサロンへ就職し現場での経験を2年ほど重ねた後、ヘアメイク事務所へ転職後からヘアメイクアーティストして活躍のステージを与えられる人もいます。

テレビ業界や舞台の裏方として活躍したい方は経験と即戦力となるだけの腕が要求されますので、一つの職場のみならずあらゆる環境での経験が後に大きな財産となるでしょう。

3、ヘアメイクとしての独立、フリー

数年から数十年の現場経験を経て、実力に自信がもてたら独立もしくはフリーでの活躍の幅が広がります。
サロン経営やフリーとして日本国内だけでなく海外へ活動拠点を移す方もいます。

その他、講師として教壇に立ち多くの方にヘアメイク技術を指導する立場になる方もいます。

一見華やかそうに見えるヘアメイクアーティストですが、卒業後から数年間は安い給料で働き、多くの経験を重ねてからやっとプロとして認められるのです。

特にアシスタント業務は本来やりたい仕事とは全く違い、仕事への不満を抱える辛い修行の時期となりますが、それを一つ一つクリアすることで将来的に自分の店を持つまでに腕を磨くことができるのです。

向上心と何があってもヘアメイクアーティストになりたいという強い想いが必要です。


↓ヘアメイク資格をチェック↓
ヘアメイクの資格請求

ヘアメイクアーティストの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • ヘアメイクアーティストの資格について知りたい!
  • とりあえずヘアメイクの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ヘアメイクアーティストへの第一歩を踏み出すためにやる事!


関連記事

Top