menu

ヘアメイクアーティストになる方法と資格

ヘアメイクの資格!通信・通学・独学それぞれにかかる費用

それぞれの勉強にかかる費用

ヘアメイクの資格を取るための勉強方法は3つあります。

「通信講座」で学ぶ方法、美容系の「専門学校やスクールなどに通学」して学ぶ方法、市販のテキストや教材を入手し「独学にて学ぶ」方法があります。

通信講座でヘアメイク資格を学ぶ場合にかかる費用

通信講座で学ぶヘアメイクは3種類の勉強方法の中でも、一番手軽で費用と大変さのバランスが取れている方法です。

「通学」で学ぶのが一番しっかり学べますが、住んでいる環境や他にやることがあり通学が難しい場合があります。
そんな方には、通信教育や通信講座を利用して知識や技術力、そして資格取得を目指すことが向いています。

美容系の専門学校では大抵の場合、通学スタイルに加えて通信講座のコースも準備されていますので相談してみるといいでしょう。

入学金は5万から7万程度で、通学制と比較してもかなり出費をおさえることができます。

授業料も1年コースで8万から10万前後となりますが、テキスト代や実習費用などを含めるとトータルで50万から80万、高いところでは100万前後になる場合が多く意外と通学制と差がない事が分かります。

また通信講座の場合、初年度に必要な入学金以外に校舎施設維持費という名目で4万から10万の費用が必要となっています。

詳しい内容については直接確認することをおすすめします。

ただし、通信講座の場合学校に通うための移動手段にかかる費用や昼食代、その他友人との交際費などがすべてカットされますのでその点の無駄を省くことは可能です。


↓ヘアメイク講座をチェック!↓
ヘアメイク資格「ビューティー資格ナビ」

スクールや専門学校通学でヘアメイク資格を学ぶ場合にかかる費用

美容系の専門学校へ通学する場合は6ヶ月から最長2年から3年までのコースが準備されています。

各学校によって授業内容に大きな違いがありますが、初年度の納入額つまり入学金として10万から15万程度の費用が必要となります。

それ以外には1年間の授業料として30万から90万、実習費が5万から10万、教材テキスト代が約10万程度、合計すると50万から高いところで100万円を超える場合があります。

2年コースの場合は入学金はカットされるものの追加1年分の授業料と実習費、テキスト代が加算されますのでトータルで200万以上の学費を必要とします。

逆に半年コースを選択した場合には授業日数が半分に減るため、その分の価格をグッと抑えることはできます。

ただ、1年間で行う勉強を半年に凝縮しているため、ハードな授業内容になることは必須です。無事卒業するためには相当な根気強さが要求されます。

これらの費用については全額一括納入、分割、月謝制に対応しているスクールが多く、その他教育ローンの案内も行っていますのですぐにまとまった金額が準備できない方でも諦めずに一度相談してみるといいでしょう。

国の教育ローンの利用が可能となれば入学金や授業料、教材費だけでなくアパートの敷金、家賃などに活用することも可能なのです。

ただし、融資額は学生一人につき200万までで返済期間は10年以内と定められています。

独学でヘアメイク資格を学ぶ場合にかかる費用

もっとも勉強費用を抑えることができるのが独学です。
テキストを購入する費用は高くでも10万前後です。

ただスキルアップに必要なマネキンやウイッグ、マネキンスタンドなどの各種道具が必要となるためすべてをそろえるとなると30万から50万程度は必要となるでしょう。

勉強時間などを設定できる点では自由度が高いのですが、モチベーションなどのやる気を維持する難しさ、全ての勉強(方法や方針)を自分で行うのは、かなりの意識が必要となってくるでしょう。


以上のように、学ぶスタイルによって必要となる費用は全く異なります。

ただ高いから悪い、安いから良い、ということではなくどのスタイルで学んだほうが、自分のためになるのか時間を無駄にせずプロになれるのかを第一に考えて選ぶようにしてください。


↓ヘアメイク学校・講座をチェック↓
ヘアメイクの資格請求

ヘアメイクアーティストの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • ヘアメイクアーティストの資格について知りたい!
  • とりあえずヘアメイクの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ヘアメイクアーティストへの第一歩を踏み出すためにやる事!


関連記事

Top