menu

ヘアメイクアーティストになる方法と資格

ヘアメイクの資格がある人と無い人で仕事に影響はでるのか?

ヘアメイクの資格がある人と無い人の差は?

ヘアメイクとして働くために取得しなければいけない国家資格はありませんが、民間資格の「ヘアメイク資格」を持っているのが普通です。
ヘアメイクの資格を持っている人と持っていない人では就職する時や、お客さんからの信頼感などに影響があります。

就職や独立する場合には、ヘアメイクの資格を持っていることで有利になることになりますので、ヘアメイクさんとしてお仕事をしたいのであれば資格取得を優先して考えておきたいところです。

資格があるとヘアメイクのレベルを書面上で判断してもらえる

ヘアメイクとして活躍するためにもヘアメイクの資格は取っておきたいもの。サロンなど、就職活動の段階で資格は大変有利に働くことは間違いありません。

第一段階で履歴書選考の必要性がある大手化粧品メーカーなどの場合は、履歴書に記載されている資格の有無によって採用・不採用を判断することがあります。

書面でもって、その人のレベルを計るにはどのような資格をどれだけ多く取得しているかによって判断されます。少なくとも資格がある事で、面接担当官に「ヘアメイクの勉強をしっかりしてきたんだな~。」や「努力してきた姿が評価できる!」など好印象を持ってもらえます。

資格を一つも持っていない人と、色々な資格を持っている人とを比較した場合、資格を持っている人の方が有利になるのは想像が出来ると思います。

専門学校卒業後の進路に履歴書選考がある場合は、自分のレベルを書面上で確認できるような資格は取得しておいて損はないでしょう。


↓ヘアメイク資格をチェック!↓
ヘアメイク資格「ビューティー資格ナビ」

資格を取る過程で身に付けた、高いレベルの技術を提供することができる

ヘアメイクの資格を持っていても持っていなくても、しっかりとした下積みの経験があることでヘアメイクアーティストとして最低限の仕事をこなすことは出来ます。

ですが、ヘアメイクに関連する資格や検定を持っていることでより高度な施術やサービスをお客さんに提供出来ることにもなります。
それは、資格を取る過程で身に付けた「知識」「技術」の基礎がしっかりしているから言える事なのです。

ヘアアレンジテクニックだけでなく、お客さんの要望に応えられる「知識」や「悩みに答えられる技術」を持っている事でお客さんにとって満足度の高いサービスが出来ます

その他にもパーソナルカラーを読み取れる色彩センスやファッション、ネイルなどその他の美容に関する技術があれば、様々なお客さんにも対応する事ができます。

特にテレビや舞台、雑誌などで活躍するアーティストのヘアメイクを担当するような現場での活躍を希望するのであれば、ヘアメイクに限らず関連する各種資格取得は必要だと考えておきましょう。

ヘアメイクの仕事の幅を広げることができる

ヘアメイクのスキルだけがあればこの先ずっと、この業界で生き残れるという保証はありません。

常に進化し続けている業界ですから、それに対応するためには幅広いスキルは持っていなくては難しいでしょう。

現場によっては、美容師免許がなければヘアメイクとして働くことができないと条件を定めているところや、ネイリストやカラーコーディネーターの資格が必要とされる事もないとも言い切れません。

お客さんのいろいろな希望を叶えるためには、柔軟に対応できる人が求められている事も知っておいた方が良いでしょう。

近年では、ヘアメイクアーティストでも美容師免許やネイリスト、メイクアップの資格を持っていることが少なくありません。

それに加えマッサージやリンパドレナージュ、カウンセリングアドバイザーなど、ヘアメイクとは関係がないように思われる資格取得を目指している方もいます。

自身の腕一本で厳しい業界で生き残るには、様々な資格を持っていた方が強い事は間違いありません。


↓ヘアメイク資格をチェック↓
ヘアメイクの資格請求

ヘアメイクアーティストの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • ヘアメイクアーティストの資格について知りたい!
  • とりあえずヘアメイクの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ヘアメイクアーティストへの第一歩を踏み出すためにやる事!


関連記事

Top