menu

ヘアメイクアーティストになる方法と資格

ヘアメイクさんとして働く為にあった方が良いスキル

働く為にあったほうが良いスキル

ヘアメイクアーティストになる為に資格取得を考える方は少なくありませんが、実際に現場などで働くためには資格以外にもスキル(ビジネススキル)が必要です。

このスキルというのも必ず無いと困るという事ではありませんが、あった方が何かと上手く回るのは理解しておきましょう。

個々の顔の特徴や雰囲気、個性を読み取るスキル

ヘアメイクの完成度を高めるにあたってとても重要なスキルの一つに「顔を読み取る」力があります。

顔の作りや特徴、個性といったものは個々によって当然異なります。

顔の作りや雰囲気、特徴などを瞬時に読み取るスキルがなければ、その人に合うヘアメイクを行うことは難しいかもしれません。

専門学校の中には顔分析など顔の形、パーツや雰囲気などを分析し読み取る能力を養う講座もあるほど、ヘアメイクアーティストにとって重要なスキルとなります。

自分自身の健康管理ができるスキル

次に重要なのは自分自身の健康管理が出来るスキルです。

ヘアメイクアーティストは職業柄、不規則な生活習慣は当たり前で肉体的にも精神的にも疲労を蓄積しやすい環境にあります。

疲労が蓄積してくると、自身の健康管理が難しくなり見た目の印象がグッと悪くなることがあります。

美を提供するはずのヘアメイクアーティストの身なりが何一つ美しくなければ、施術を受ける側の立場としては大変不安になります。

「本当にこんな人に任せていいのだろうか?」と気持ちよくヘアメイクを担当させることはできないでしょう。

美の見本となるヘアメイクアーティストはどんなに不規則な生活習慣が続いても、肌や髪、爪のお手入れ等、健康を維持できるスキルがなければなりません。

特に爪に関する手入れは十分に注意をしなければいけません。

人の肌や髪の毛に触れる仕事ですから、爪がボロボロでは大切なお客さんを傷つけ信頼関係を失ってしまうことになりかねません。

マナー、思いやり、内面を磨くスキル

様々な人と接する機会が多いヘアメイクアーティストですのでマナーや気遣いは当然必要不可欠なスキルです。

時間を守る、挨拶をする、笑顔で対応するなどは基本中の基本とも言えます。

それ以外にも肌や髪の毛など大切な部分に直接触れるのですから、相手の気持になって対応する優しさや気配り、気遣いは重要なスキルです。

このスキルは教えられてできるものとそうでないものがありますので、日頃から相手の立場になって行動できる癖をつけると良いでしょう。

感性を育て続けられるスキル

常に進化する美という業界で働くのですから、自身の感性を高めることに貪欲でなければいけません。

そのためには様々ことに対し、感心がなければいけません。

例えば、新しいファッションやコスメに関する情報をいち早く入手したり、映画や美術館、本などあらゆる芸術に触れたいと思う貪欲なスキルは必要です。

自分自身の感性を高めることに意識し続ける人は、一流のプロとして活躍の幅を広げることも不可能ではありません。

ヘアメイクアーティストの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • ヘアメイクアーティストの資格について知りたい!
  • とりあえずヘアメイクの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ヘアメイクアーティストへの第一歩を踏み出すためにやる事!


関連記事

Top