menu

ヘアメイクアーティストになる方法と資格

ヘアメイクアーティストと理容師、美容師の違い

理容師・美容師との違い

ヘアメイクアーティストとはテレビや雑誌、舞台や映画で活躍するモデルや芸能人から一般の方まで幅広くヘアセットやメイクを行う仕事に従事している方をいいます。

働き先は幅広くテレビ関係からブライダル、その他サロンなどがあり、現在ではヘアセットやスタイリングに限らずメイクアップやコーディネイトなどトータル的な知識を求められる傾向にあります。

へアメイクアーティストになるには

これといった資格は必要とせず、義務教育を修了しある程度の知識と技術があれば誰にでもできる職業といえます。

進む過程はさまざまで中学卒業後に美容系の専門学校に進む方、高校卒業後に美容系の専門学校、あるいは美容系の大学に進学しその後ヘアメイクアーティストとして活躍する方などがあります。

資格や経歴は特別必要ありませんが、だからこそプロとして成功するためには仕事に就いてからが本当の意味での勝負となります。

厳しいアシスタント時代を経て、やっと一人前のヘアメイクアーティストとして仕事を任せられるようになるのが一般的ですが、努力せず実力が評価されなければいつまでたってもアシスタントから先に進めず、途中でやめてしまう人も少なくありません。

早期に現場で使えるだけの技術力と知識を習得するためには、プロの講師陣が在籍しスキルアップに必要な設備が整備され、過去に多くのプロを誕生させている実績の高い学校に進学することが望ましいでしょう。

美容師や理容師との違いは?

ヘアメイクアーティストと比較されるのが美容師や理容師で、中にはこれらの職業を同じだと混同している方も意外と多いようです。

これらの違いを簡単に説明するならば資格の違いです。

美容師や理容師は国家資格である美容師免許を取得しており、資格を取得していることでハサミの使用が許可されています。

そのため、実際にお客様の髪の毛をカットしヘアアレンジを行いなおかつその技術で商売を行うことも可能です。
カットだけでなくカラーリングやスタイリングなど幅広くヘアアレンジを行うことができるのが美容師や理容師の特徴です。

また、一般的には理容師は男性向け、美容師は女性向けとされていますが、現在ではどちらでも対応するようになってきています。それ以外には理容師は頭や顔を剃ることが許可されています。

一方ヘアメイクアーティストは髪の毛自体にハサミを入れることは許されておらず、万が一カットしたとしてもそれを商売にすることはできません。

当然カラーリングを行う事も認められていませんのでこれをもとにお金を受け取ることもできません。

現在、美容師として働いている方がヘアメイクアーティストになることは可能で、男女問わず近年大変多くの方がこの過程を経てヘアメイクアーティストのプロになっているようです。

逆に、ヘアメイクアーティストが美容師になるためには国家試験を受け資格を取得する必要がありので、最短でも1年から2年は資格取得のための勉強を行う必要があります。

表面上の資格は特別必要ないものの、プロとして幅広く活躍するためにも即戦力となれるだけの最低限必要な資格取得と、スキルが求められています。

ヘアメイクアーティストの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • ヘアメイクアーティストの資格について知りたい!
  • とりあえずヘアメイクの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ヘアメイクアーティストへの第一歩を踏み出すためにやる事!


関連記事

Top