menu

ヘアメイクアーティストになる方法と資格

プロのヘアメイクさんになるには?ヘアメイクの資格は必要?

ヘアメイクアーティストイメージ
「テレビで芸能人を相手にしているヘアメイクさんに憧れる!」
「ヘアメイクを仕事にしたい!」
「ヘアメイクに興味があるけど、どうすればプロになれる?」
「ヘアメイクに資格は必要?資格の取り方は?」

そんな想いを持ち、ヘアメイクの仕事に興味があるという方を応援する為の情報サイトです。

ヘアメイクアーティストとは?

ヘアメイクアーティストは、テレビ・映画・演劇・ファッションショーなどの分野で俳優やモデル、タレントさん等のヘアスタイリングやメイクアップを担当する技術者です。

その他にも、結婚式などのイベントでのヘアメイクや、美容院などで美容師さんと一緒に仕事をしたり複数を兼務する方もいます。

美容師とヘアメイクアーティストの違い

美容師になるには美容師国家試験を受けて免許を取得する必要があります。

ヘアメイクアーティストには国家資格は必要なく、知識や技術があれば誰でも仕事をする事が可能です。

美容師資格を取得してヘアメイクアーティストの仕事をしている人もたくさんいる一方、美容師資格なしで仕事をしている人も少なくありません。

※ヘアメイクアーティストで美容師資格がない人でもヘアスタイリングやメイクはできますが、美容師のようにカットやカラーをする事はできません。

ただし、ヘアメイクのお仕事に就くには、ヘアメイクの資格があった方が有利なのは間違いありません。


↓ヘアメイクの資格をチェック↓
ヘアメイクの資格請求

プロのヘアメイクさんになる準備と資格の取り方

ヘアメイクアーティストになる道
ヘアメイクアーティストになる主な方法として、次の3つがあります。

1、ヘアメイクの専門学校(スクール)で学びヘアメイクの資格を取る

ヘアメイク専門学校(スクール)または美容学校のヘアメイク科で勉強する方法です。

ヘアメイクアーティストになる為の勉強のみのコース、美容師国家資格も併せて取得する為のコース、ヘアメイクアーティストの資格を取得できるコース等、さまざまな選択肢があります。

2、ヘアメイクの通信講座を利用して学びヘアメイクの資格を取る

通信講座とは自宅に居ながらヘアメイクの勉強ができる方法です。

この方法なら通信講座の会社から教材(テキスト、DVDなど)が自宅に届く為、ガイドにしたがって自分のペースで学ぶ事ができます。

専門学校が近くにない場合、家事や育児で通学が難しい場合などに最適な方法です。

費用に関しても専門学校より安くて済むというメリットがあるので、比較的手軽にヘアメイクの知識と技術を身に付けられます。

また、通信講座の過程を終え、試験に合格することで、資格を取得できます。

3、サロンで見習いとして働きながら学びヘアメイクの資格を取る

ヘアメイクサロンや結婚式場などヘアメイクアーティストを必要とする職場で仕事をしながら知識・技術を習得する方法です。

この方法でヘアメイクの勉強をするには、資格や仕事経験がなくても採用してくれるヘアメイクの会社を探す必要があります。

そこで採用されれば、先輩から知識や技術を教わりながら勉強して一人前のプロを目指すという事になるわけです。

ただし、未経験の人を採用するのは稀ですので、やはり最初に資格を取っておくほうが有利です。

ヘアメイクアーティストの仕事

ヘアメイクの仕事
ヘアメイクアーティストの主な就職先はヘアメイクサロンやヘアメイク会社です。

サロンは店舗営業とヘアメイクアーティストの派遣を請け負う会社、ヘアメイク会社は派遣のみの会社というのが一般的です。

ヘアメイクアーティストとして芸能界で働きたい場合は、テレビや映画、ファッション関連の仕事を多く請け負っている会社に就職するといいでしょう。

ヘアメイクアーティストの自立は可能なの?

ヘアメイクで自立しているアーティストはたくさんいます。

自分で起業してサロンを開業したり、フリーの技術者としてヘアメイクの仕事の依頼を受ける等、自立の方法は人それぞれです。

自宅の一室をサロンに活用し、お客さまのヘアメイクをするという方法なら副業も可能です。

ヘアメイクの資格と学校

ヘアメイクの資格
ヘアメイクアーティストは美容師の国家資格がなくてもなれる職業ですが、実際仕事をする上で職場やお客さんの立場からしてみると資格があるに越したことはありません。

お客さんからにしてみれば技術だけではなく、基本的な知識も持っていない人に、「やってもらおう!」と思う事はほぼありません。

つまり、しっかりと基礎を学びヘアメイクの資格を取得しておくのが後々有利に働くことになります。


↓ヘアメイクの資格をチェック↓
ヘアメイクの資格請求

ヘアメイクアーティストに向いている人

ヘアメイクに向いている人

手先が器用な人

ヘアメイクは細かい作業が多い為、手先の器用さが要求されます。

時間に追われる事が多い仕事でもあり、手早く美しいヘアメイクができるのは重要なポイントです。

器用さに自信がなくても努力で補う事もできますので、必須の条件とはいえないものの器用であるに越した事はありません。

美的感性がある人

ヘアメイクアーティストは技術者であると同時に、美を創るアーティスト(芸術家)でもあります。

施術を受ける人をより美しく魅力的にする仕事であり、その為にはヘアメイクアーティストにも美的感性が求められます。

周囲と協調できる人

ヘアメイクの仕事はテレビ局や雑誌のスタッフ、カメラマン、スタイリスト、演出家等、たくさんの人との協力が不可欠です。

いくらヘアメイクアーティストだからといって、自分勝手に好みのヘアメイクをする事はできません。

依頼主のリクエストに応じながら、周囲のスタッフの意見を上手く取り入れてヘアメイクを進めていく必要があるのです。

こうした点からヘアメイクアーティストには周囲と協調できる人が向いているといわれています。

今のうちに勉強しておきたい事

ヘアメイクのトレンドを知る

芸能界やファッション業界で活躍するヘアメイクアーティストは、常に現在のヘアメイクのトレンドを知っておく必要があります。

今、パリやミラノでどんなヘアメイクが流行しているのか、アメリカやアジア諸国ではどうなのか等々、世界の動向に目を光らせて流れを知っておく事が大切です。

ヘアメイクの歴史を学ぶ

現在のトレンドを知ると同時に、ヘアメイクの歴史を勉強してみる事も必要になります。

ヘアメイクの流行は繰り返されるといわれており、かつて流行したスタイルが復活する事も少なくないからです。


「BrushUP学び」のヘアメイク資格をチェック!
ヘアメイクの資格請求

「BrushUP学び」が提供する日本全国のヘアメイク資格一括請求サービスです。地域ごとに「通学」できるスクールの確認はもちろん、どこからでも学べる「通信講座」のチェックもできます。
あなたにとって最適なスクールや講座を比較することが出来るので、複数のスクールや講座から資料をお取り寄せ下さい。



複数の学校に一括資料請求!【なるには進学サイト】
ペット関連の専門学校資料請求

【なるには進学サイト】では、ヘアメイクアーティストになる為の専門学校の資料請求が一括で行えるサイトです。
ヘアメイクアーティストの仕事に関わる技術をきちんと学びたい、学生さんやフリーターにおすすめです。
もちろん、通信制講座と比較したい方、多くの専門学校の情報を見てみたい方もチェックしてみて下さい。



「ビューティー資格ナビ」のヘアメイク資格をチェック!
ヘアメイク資格「ビューティー資格ナビ」

同じく、ヘアメイク資格一括請求サービスで「ビューティ資格ナビ」のサイトもあります。
機能としては「BrushUP学び」と同じですが、掲載されている「スクール」や「通信講座」に違いがあり、一ヵ所の資料だけでは不安な方や「スクール」「通信講座」をいろいろ比較してみたい方はこちらもチェックしてみて下さい。

Top